バンダイプラモデル【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビューその③ 可動範囲検証等、最終レビュー

バンダイプラモデル【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビューその③ 可動範囲検証等、最終レビュー

はじめに

バンダイプラモデル【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビュー第三回目、今回で最終回です。簡単な、可動範囲の検証からギャラリー的な画像公開をさせていただきたいと思います。

これまでのレビュー


【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビューその①内容物紹介編


【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビューその② 製作行程紹介編

可動範囲検証

では参りましょう。

首、360度まわります。。。実際、回る方がおかしいんですが(;´▽`A“

横方向、結構動きますね。

前後の可動は良好ですね。見上げるポーズも十分可能です。

肩、360度回転可能、横方向は水平より上まで上がります。肘は90度ちょっとオーバー位まで曲がります。

う~ん・・・なんかちょっと、腕短くない?下におろした状態でバランス取ると、こうなるんでしょうか?

腰、胸部と腹部が別の構成になっていますので、その部分+腰の可動で左右はそこそこ動きます。

前後の動きも悪くは無いです。

360度回ります・・・

って、これも気持ち悪いですね(;´▽`A“

ひざは100度位曲がります。もうちょっと曲がって欲しかったかな・・

前後開脚は、180度可能です。

左右開脚は、180度には足りませんが、まぁ十分でしょう。

ギャラリー

色々撮影してみましたのでどうぞ。

ビッグバンアターック!

ファイナル フラーッシュ!!

か~め~は~め~・・・・

波ぁーーーーーー!!!

やっぱ、最後はこれですよね。

サイズ比較

ガンプラと比較してみます。

左が【HG ムーンガンダム】、右が【MG ダブルオークアンタフルセイバー】です。MG並みのサイズですね。

最後に

感想

初のフィギュアライズでしたが、思っていたよりも良かったです。

個人的に一番気に入っているのは、普通に立っている状態です。恐らく、素立ちの状態でデザインされているのでしょう。この状態がしっくりきます。色々動かしていると、あれ?なんか違和感・・な角度が存在します。すべてにおいて完璧なスタイルってのは難しかったりするんでしょうね。

それでも、ダッシュやかめはめ波(溜め)、かめはめ波(放出)のポーズ等、肝心なところはカッコよく決まるので問題ないです。

ちょっと残念?と言うか何と言うか・・肘・ひざは180度近くまで曲がるんだろうと想像していましたが、ここは全然でしたね。ただ、これが原因でポーズが決まらないって事は今のところないので、残念って程でもないですかね。

他、気になる様なポロリもないですし、何より顔パーツの差し替えが超簡単なのが好印象です。

今は、【超サイヤ人ブロリー フルパワー】の発売が待ち遠しいです。もちろんレビューもさせていただきますよ(*´▽`*)

以上、バンダイプラモデル【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】のレビューでした。

ではでは。

つづく

今後のレビュー予定

ガンプラ【HG ナラティブ A装備】

ガンプラ【HG ディジェ】

ガンプラ【モビルドール サラ】

バンダイプラモデル【SDCS グレートマジンガー】

他にも色々ありますが、この中からになると思います。

関連キット