ガンダムホビーライフ014付録【1/100 G.H.L-M.A.D GUN】レビュー

はじめに

今回は雑誌GHL(ガンダムホビーライフ)014号の付録【1/100 G.H.L-M.A.D GUN】のレビューをさせていただきます。

ちなみに誌面は、パーフェクトガンダム、サイコザク、ロードアストレイ、チャイカ、ストームブリンガー等々、コミカライズMSの作例が掲載されています。読み応え抜群です。

2019年2月発売 価格 2500円(税別)

G.H.L-M.A.D GUNとは

『ガンダムビルドダイバーズ外伝 GIMM&BALL’S WORLD CHALLENGE』に登場する【ガンダムストームブリンガー】が使用する武器。戦況に応じて様々な形態に変形・増設が可能な攻防一体のマルチウェポン。

劇中で使用した【ガンダムストームブリンガー】の4丁スタイルも、4セット使用する事で再現可能・・・4セットで1万円強・・・出来ません(;´▽`A“

内容物紹介

本誌

表紙はパーフェクトガンダムです。

裏表紙はガンダム・インレの広告になっています。

付録

パッケージ

モノトーン。ストームブリンガーですね。

裏側が組み立て説明書になっています。

ランナー

これで全てです。下半分は、【MG 百式壊】のパーツと同じですね。

完成レビュー

この様なブロック構成になっています。組み替える事で、様々な形状の武器になります。

今回、ガイアカラー、シルバーサフからガンメタリックで塗装してみました。アクセントが欲しかったので、エネルギーチューブ?を赤で塗ってみました。

センサー部のクリアパーツやホイルシールは付属しません。ホログラムシールにクリアレッドで塗装したものを貼り付けてみましたが、わかりにくいですね・・・ブルー・グリーン・イエロー辺りが良かったかもです。

カービン

ノーマルバレルライフル

2連ビームキャノン

ロングバレルライフル

シールド

シールドとして使用する際は、横にある2つのジョイントパーツから形状の合うものを選択して取り付けます。残念ながら、【MG ジェガン】はどちらも合いませんでした..

フル装備

ダブルビームキャノンにシールド部のパーツも装着した状態です。

展開状態。左右のバインダーを展開状態の出来ます。接続部が丸軸になっていますので回転させることも可能ですが、一度抜いて差し替える事をお勧めします。多分、すり減って保持出来なくなります。

ロングバレルライフルフル装備展開状態。ベースになるライフルの形状は、カービン以外の二種からの選択です。

付属品

ポリポッドボール用のジョイントが付属します。持っていないので使えません。

最後に

感想

良い点

パーツが少なく、組み立てが簡単。

組み換えで形状変更できるので、色々遊べる。個人的にはロングバレルが好みです。

気になる点・悪い点

今回、【MG ジェガン】をモデルにした理由がそれなのですが・・・

グリップ部前方にほぞ穴が開いているタイプです。【MG ジェガン】等の形状のマニピュレーター用になっています。まだ組んでいませんが、【MG ストームブリンガー】もそうなのでしょう。最近組んだ【MG ジムⅡセミストライカー】(指可動タイプ)で試してみましたが、保持出来ませんでした。現状、我が家ではジェガンにしか使えません。あとは、ストームブリンガーを組んでからのお楽しみですかね。

な訳で、汎用性がありません。

銃口のパーツが有りませんので、ロングバレル以外のモードでは先端がダサいです。

価格・・・この内容ではちょっと高いかな・・・な気がします。

総評

デザインは、個人的には好みです。まだ組んでいませんが、【MG ストームブリンガー】に持たせようと思っています。ただ、保持できるキットが無ければ何かしらの改造・細工等が必要になりますので、誰にでもお勧めできるって類の物ではないですね。誌面に掲載されている内容に関しても、僕は読みごたえが有って良かったと感じていますが、これも好みがわかれる内容だと思います。価格も結構しますからね・・・雑誌だけ欲しければ、付録をオークションに、付録だけ欲しければオークションで付録だけって選択肢もありますし。

以上、ガンダムホビーライフ014付録【1/100 G.H.L-M.A.D GUN】のレビューでした。

ではでは。

つづく

関連キット

最新情報をチェックしよう!

ガンプラの最新記事8件