水星の魔女プロローグから早くもキット化!ガンプラ【HG ガンダム ルプリス】開封レビュー

はじめに

今回は、ガンプラ【HG ガンダム ルプリス】の開封レビューをさせていただきます。

機動戦士ガンダム 水星の魔女

2022年10月から放送予定のテレビアニメ。

時はA.S122

多くの企業が宇宙進出する時代

モビルスーツ産業大手企業が運営する高等専門学園に水星から一人の少女【スレッタ・マーキュリー】が編入してきた・・・

ガンダム ルプリス

機動戦士ガンダム水星の魔女テレビシリーズの前日譚である『機動戦士ガンダム 水星の魔女 PROLOGUE』に登場するMS。

オックス・アース・コーポレーションが開発した試作MS。

義肢等に採用される身体機能拡張技術【GUND(ガンド)】をMS 用に発展させた【GUNDフォーマット】を採用。

【GUNDフォーマット】を搭載したMSは【GUNDーARM】と総称され、後に【ガンダム】と呼ばれるようになる。

キット概要

ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に先駆けて発進!

本編の前日譚「PROLOGUE」で活躍する2機のMSが一足早く登場!

シェルユニットはインモールドパーツとクリアパーツの選択式。インモールドパーツは胸部のシェルユニットの輝きを表現し発光状態を、クリアパーツは非発光状態を再現できる。

Amazonより

2022年8月6日発売  定価 1600円(税別)

開封レビュー

カラーリングからして女性的なイメージの機体なんでしょうかね?

側面。

反対側。

説明書

表カラー、裏白黒の一枚物になっています。

ランナー

A/B1/B2
C/D/SB-13 彩色済みパーツ ホイルシール

パーツは少な目ですね。

最後に

ひとこと

今回、主役機では無さそうなのでスルーするつもりでしたが、何かしら今までに無い技術?でも採用されてたりするんだろうか・・・とちょっと気になったのと、仕事帰りに立ち寄った家電量販店で普通に売っていたので購入してみました。

パッケージの完成品画像を見る限りでは自然な感じの立て膝が出来ていたり、可動はかなり良さそうですね。パーツも多くないのでサクッと組めそう。

8月13日発売の【RG ゴッドガンダム】がどうしても欲しいんですが今のところ予約も出来ておらず・・半分諦めモードですが、それまでの一週間の間に他のキットも含めて出来るだけ積みを消化してレビューもしていきたいな・・・と考えております(やるとは言ってない・・)

な訳で、乞うご期待?

以上、ガンプラ【HG ガンダム ルプリス】開封レビューでした。

ではでは。

つづく

最新情報をチェックしよう!