ガンプラ【MG ガンダムデュナメス】レビューその①パッケージ・ランナー等、内容物紹介

ガンプラ【MG ガンダムデュナメス】レビュー第一回目です。今回は、箱・ランナー等、中身の紹介をさせていただきます。

はじめに

ガンダムデュナメスとは

『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』に登場するMS。ソレスタル・ビーイングが開発した機体で、太陽路(GNドライヴ)を搭載。ロックオン・ストラトスが搭乗。

遠距離射撃に特化した設計で、頭部に精密射撃用の高精度ガンカメラが内蔵されている。コクピットにもライフル型コントローラーがあり、射撃精度高めている。また、ハロ同乗用の台座が設置されており、機体の制御を任せる事が出来る。(劇中で、防御をハロに任せたりしてましたよね。)

狙撃用の機体でありながら運動性や機動性も高い。 トランザムシステムもとうさいされている。

奇跡を司る力天使『デュナメイス』が名前の由来。

キット概要

GNスナイパーライフルのスタンドが展開、本体を地面に伏せた狙撃ポーズが可能。それに対応する頭部ギミックと脚部関節構造を採用。
GNフル・シールドの展開を再現。
腰部・膝部のミサイル・信号弾のハッチ開閉やGNスラスターの展開が可能。

ちなみに、完全新規造形とのことです。

2019年3月22日発売 定価4860円(税込み)

内容物紹介

パッケージイラストが、メチャカッコいいです。側面は、キットの紹介になっています。

説明書

表紙はパッケージイラストと同じ物、裏表紙がカラーガイドになっています。

組み立て図です。毎度の事ですが、解りやすいですね。

ランナー

A/Bランナー
Cランナーx2枚
Dx2枚/E1/E2ランナー
F1/F2ランナー
G1/G2/H1/H2ランナー
I/J/SB-8ランナーとホログラムパーツ

ベルト部分のホログラムパーツは裏表がありますので取り付け時は注意が必要です。

ホイルシールとマーキングデカールです。水転写デカールではないです。

最後に

ひとこと

ぱっと見、MGにしてはパーツが少なめな気がしてます。気のせいかもですが・・それはさておき、完全新規造形という事で、組み立てる前から楽しみです。説明書を見る限りでは、余剰パーツは無いみたいですし。ただ、このキット、ポリキャップもなければABSもないんです。関節等の強度がちょっと心配です。

で、ランナーのタグなんですが、『ガンダムデュナメス』の表記の物の他に『GN FRAME』と書かれているものがあります。もしかして、キュリオスとかセラヴィーもMGでキットかされるんですかね・・・期待してしまいますね。

では、今回はここまでです。

製作、完成品レビューは別記事にて。

ではでは。

つづく

関連キット

最新情報をチェックしよう!

ガンプラの最新記事8件