バンダイプラモデル【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビューその② 製作行程紹介

広告

はじめに

バンダイプラモデル【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビュー第二回目です。説明書通りの順序で製作を進めていきたいと思います。

これまでのレビュー

【Figure-rise Standard 超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ】レビューその① 内容物紹介編

製作行程紹介

髪のパーツが細かく分割されています。形状が複雑ですから。顔は、表情違いで2種あります。

サクッと完成です。顔パーツの差し替えは超簡単です。

黒髪ノーマル状態は、髪パーツの差し替えとか面倒そう・・・と思ってましたが、一組丸々付属するんです。いいですね(*´▽`*)

胴体

胸部と腹部が分割されています。

筋肉もりもりですw

サクッと完成です。

パーツ構成は左右対称です。握り拳の他、気功波用の表情付き平手が付属します。

サクッと完成です。もっと曲がると思ってたんですが、90度ちょっとオーバーする位なんですね。筋肉が邪魔するようですw

腕と同様で、左右対称です。

ひざ関節も、肘と同様で曲がるのは90度ちょっとですね。

さて、これで本体最後です。

ここには特に何も無いですね。腰布は上下に動きますが。

本体完成

お?想像以上にカッコいいですよ(*´▽`*)

エフェクトパーツ

まずはこれから。

ファイナルフラッシュです。ちなみに、スタンドも付属の物です。

次はこれです。

ビッバンアタック。一部パーツはファイナルフラッシュと共用です。

そして、最後はこれ。

そうです。やっぱ、かめはめ波ですよね(*´▽`*)

溜めもあります。

付属品

アクションベース5に取り付ける為のジョイントです。

これで全てです。

余剰パーツ

他に、Figure-rise Standardドラゴンボールシリーズのキットを持ってないのでよくわかりませんが、亀仙流道着の一部と靴の飾り、関節パーツでしょうか。

最後に

感想

正直、甘く見てました。今までスルーしてたんですが、実物を目の前で見ると、非常にカッコいいです。色分けはほぼ完璧です。シールがちょこっとだけ付属してたので、どの部分かと思っていたら、舌でしたw  他に塗装の必要性を感じる部分は無いです。劇場映画【ドラゴンボール超 ブロリー】を見た勢いでの衝動買いですが、買って良かった(*´▽`*) 早く、2019年1月発売の【スーパーサイヤ人ブロリー フルパワー】と並べたい・・・

ではでは。

つづく

次回予告

可動範囲の検証等、最終レビューをさせていただきます。この手のキットを作った経験があまりないので、スミ入れをしたものかどうか・・・ちょっと考えます。部分塗装はしません。

関連キット

最新情報をチェックしよう!