ガンプラ【MGシナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)】レビュー②

広告

はじめに

ガンプラ【MG シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)】レビュー第二回目です。説明書通りの順序で製作していきます。

これまでのレビュー

【MG シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)】レビューその① 内容物紹介編

製作行程紹介

胸部

目立つような合わせ目は無く、色分けも良く出来ています。

コクピットハッチは開閉します。暗くてわかりにくいですが、パイロットは乗ってません。パーツにパイロットフィギュアがありましたが、使用しない×印が付いていました。流用ランナーなので、パイロットが番うって事なのでしょう。ちなみに、コクピットブロックはクリアパーツになっています。LEDによる発光ギミック対応のパーツ設定なのでしょうが、このキットはLEDに対応していません。

イケメンですね(*´▽`*)後頭部に目立つ合わせ目が出ます。

エングレービング部以外の色分けは良く出来ています。

肘はメチャ曲がりますね(≧▽≦)

細かい部分まで、別パーツで色分けされています。

裏側のモールドも、別パーツで再現されています。

太もも以外の部分は、合わせ目が目立たないようになっています。色分けは、脚部バーニア部の縁の赤がシールになります。それ以外の箇所は、良く出来ていると思います。

肘同様、良く曲がります。ひざアーマーは、関節に連動してスライドします。

つま先・かかと部分が可動するようになっています。

バックパック

バーニア内部の赤は、別パーツで再現されています。左右バーニア部とプロペラントタンクがそれぞれ動きますので、ニュートラルの状態にするのが難しいかも(;´▽`A“

武器

上から

ハイ・ビーム・ライフル、バズーカ、ビームサーベル、シールド

です。

バスーカは、弾倉を取り外す事が出来ます。

シールド裏にグレネードランチャーがあります(着脱可)。

付属品

アクションベース用のジョイントパーツが付属します。

余剰パーツ

多すぎるので並べてないです(;´▽`A“

バーニアも余りますので、何かに使えるかも。

ビームライフル(完全体)、プロペラントタンク(完全体)、両腕の内部フレーム色違い(ほぼ完全体)が組めました。もう、「余り」のレベルではないですね・・(;´▽`A“

パチ組完成

シールも貼ってませんし、部分塗装も何もなしの組んだだけの状態です。それでもこの完成度です。なかなかのもんです。

最後の一枚(*´▽`*)

最後に

感想

箱がデカくて中に入っているパーツの多さから、第一印象は「作りごたえが有りそう」でしたが、実際組んでみると普通のMGでした。余剰パーツの多さが半端ないです。切り出しだけで結構時間がかかりました。個人的に今まで作ったガンプラの中で、余剰パーツの多さはダントツ一位です。今のところ、『余剰パーツの多さ』が印象的過ぎて、他の事が・・・   なので、可動範囲の検証等、色々触ってみて最終的な感想を次回記事で書きたいと思います。

ではでは。

つづく

次回予定

今回の続きで、可動範囲検証・部分塗装・スミ入れを済ませて最終レビューをさせていただく予定です。

あと

figure-rise-standard 超サイヤ人ブロリー フルパワー も確保しましたので、近々レビューしたいと思います。

関連キット

最新情報をチェックしよう!