ガンプラ【HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.)】レビューその③ 可動範囲検証~スミ入れ・部分塗装・シール完成最終レビュー

ガンプラ【HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.)】レビューその③ 可動範囲検証~スミ入れ・部分塗装・シール完成最終レビュー

ガンプラ【HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.)】レビュー 第三回目、今回で最終となります。

まずは可動範囲の検証から。

可動範囲検証

 

首も腰も360度回ります。

首の前後左右の動きはそれなりです。

可もなく不可もなくでしょうか。

肩の引き出しですが、通常時、本体にしっかり納まる感じです。

前方へのスイングの他、上方への可動も良好です。

無茶なポーズさせてますが・・・

肩・肘・ひざ共に、可動は良いです。

腰の前後・左右に関しては、微妙です。

が、個人的には捻りの動作が欲しいので、そこが問題なければ良いんです(*´▽`*)

腰のサイドアーマー・リアアーマーが邪魔しますが、股関節の可動も良好です。

後方は、リアアーマーの干渉で、真後ろへはいきません。

はい!可動範囲検証は終わりです!

最終レビューの前に

ハイ・ビームライフルの3段変形です(*´▽`*)

ノーマルの状態でも、大型で迫力ある武器ですね。

一式。

では、最終レビューいきましょう。

最終レビュー

ギャラリー

素の状態でも十分カッコいいんです!

武器装備させます(*´▽`*)

ほんと、良く動きます。

ハイ・ビームライフル単体でも大型ですが、そこへシナンジュ・バズーカを連結。

この状態でも垂れてくることなく、しっかり構えてくれます。

腰のひねりが効くかどうかで、ポージングの幅が変わりますね。

お決まりのやつです!(^^)!

平手も有りますよ!

感想

シナンジュ・スタインいかがでしたか?

もう、あっちもこっちも完璧!って、訳ではないですが、HGとしては完璧に近い完成度だと感じてます。

スタイル良し、可動良し。

何より、目立つ部分に出る合わせ目の少なさ。

塗装するのも処理がかなり楽なのではないでしょうか。

色分けは、もう少し頑張ってくれれば完璧なのですが、HGではこれが限界でしょうか…今後の進化に期待します。

にしても、HGムーンガンダムと言いこのシナンジュ・スタインと言い、HGもここまで来たか!と。

18年11月30日発売予定の【 HGUC ナラティブガンダム A装備】が、ますます楽しみになりました(((o(*゚▽゚*)o)))

きっと、期待に答えてくれるはずですね!

皆さんも是非、最新のHGキットを体験してみて下さい。

このキットは、箱が大きめなのですが、実際のパーツ数が極端に多いわけではありません。

初心者の方でも普通に組めるキットです。

以上、ガンプラ【 HGUC シナンジュ・スタイン  ナラティブver.】のレビューでした。

次回予告

これいきたいんですが、【RE/100 89式ベース・ジャバー】が簡単なので、サクッとレビューしてしまいます。

その次楓さんかな(*´▽`*)

ではでは。

つづく

関連キット