ガンプラ【RE/100 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機)】レビューその② 製作開始(短縮バージョン)~素組完成

ガンプラ【RE/100 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機)】レビューその② 製作開始(短縮バージョン)~素組完成

ガンプラ【RE/100 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス機)】レビュー第二回目です。

早速、組み立てに入るのですが、今回は短縮バージョンでお送りします。

では

製作開始

胴体

サクッと胴体完成です。

この段階で既にサイズは大きめです。

サクッと完成です。

鷹の団のあの人に似ている気がします。(*´▽`*)

胴体に乗せます。

サクッと完成です。

バーニア内側まで色分けされています。

良く曲がりますね。

ちなみに、二重関節では無いです。

合体します。

ここまでで目立つ合わせ目は肩の部分だけです。

色分けもバッチリです(*´▽`*)

どんどん行きましょう。

ファンネル

このキットの最大の山場です。

全6基です。

これだけで作業時間1時間弱かかりました。

僕の手が遅いだけかも知れませんが・・・(;´▽`A“

裏のバーニア部を押し込むことで、4枚羽が展開します。

ファンネル・ポート・シールド

説明書では『肩部』となっていますが、裏表紙のキット紹介で『ファンネル・ポート・シールド』と書かれています。

サクッと完成です。

色分け完璧です。

裏側もしっかり作りこまれています。

合体です。

良い感じ(*’▽’)

サクッと完成です。

デカいですねぇ。

2重関節ですが90度位までしか曲がりません。

脚のデカいキットは、大体こんなもんですよね。

腰部分がまだなので、合体は出来ません(;´▽`A“

サクッと完成です。

良く色分けされています。

フロントアーマーは、左右独立可動出来る様にカットしました(プチ改造)。

リアアーマーも同様の形状なのですが、そちらはカットせずにおきます。

では、合体(*´▽`*)

いいですねぇ~

って、画像では判り辛いでしょうけど、デカいです。

他の『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』のMGキットとの比較画像を載せたいのですが・・・

完成までお待ちください・・

もう少しですので(*´▽`*)

では続けてまいりましょう。

バックパック

ここも色分けされてますね。

上部に合わせ目が出ますので、塗装するなら処理が必要になります。

ここで、武装以外の全てが揃いました。

合体です(*´▽`*)

本体完成

デカいので、迫力あります。

ここで一つ問題が・・・

ファンネルですが、展開時には固定される羽(?)?が、装着時は緩いです。

カッチリ閉まりません。

チョットしたことで、開いてしまいます・・・

と、それは一旦置いといて・・

武装類製作

ビーム・アサルトライフル

サクッと完成です。

モナカ割の構成の為、合わせ目が出ます。

が、段落ちモールドになっていますので、そのまま残るのは一部です。

ヒート・ナイフ付き・ビーム・サーベル

サクッと完成です。

シールド

サクッと完成です。

エンブレムも、シール無しで色分けされています。

完璧です。

裏側のモールドも抜かりは無いです。

その他

付属品

左上の黒いのは、アクションベースの取り付ける為のジョイント。

真ん中が、ファンネルディスプレイ用の支柱6本。

右下の2個は、支柱を本体に取り付ける為のジョイントパーツです。

余剰パーツ

これだけです。

残りが少ないと、なんだか気分が良いです(*´▽`*)

これで一通り完了です。

あ、スミ入れ、デカールはまだですよ。

とりあえず完成

完成品画像

デカい!

他のキットと比較してみましょう。

比較

【MG ジェガン】と。

一回りデカいですね。全体的なあ(特に脚)の太さが違うので、余計に大きく見えます。

【MG νガンダム Ver.Ka】と。

高さは同じくらいですね。

という事は、ジェガンが小さいだけなんですかね・・・

νガンダムがスマートなので、【RE/100 ヤクト・ドーガ】のデカさが引き立ちますね。

終わりに

感想

とりあえず、素組(パチ組)完成です。

とにかくデカいです。

MGキットと違って、内部フレーム等が無い分軽いです。

デカいのに軽いので、持ち上げると安っぽ・・・(;´▽`A“

次回予告

可動範囲検証、デカール貼り・スミ入れ・つや消しトップコート他、部分塗装(一部バーニア内側が色分けされていないので)を施した状態の最終レビューの予定です。

ではでは。

つづく

関連商品