ガンプラ【RG サザビー】レビューその③ 胸部内部フレーム製作から~内部フレーム完成まで。

ガンプラ【RG サザビー】レビューその③ 胸部内部フレーム製作から~内部フレーム完成まで。

ガンプラ【RG サザビー】レビューその第三回目、今回は内部フレーム製作行程、前回の続きで胸部から始めます。

内部フレーム製作

胸部

サクッと完成です。

肩関節が引き出し構造になっています。

外装パーツがまだですが、この状態では可動範囲は広いです。

腕・肩部

説明書では腕の後に肩の順ですが、同時にいきます。

サクッと完成です。

肘関節も良く曲がります。

文句なし!

肘の可動に連動して露出するシリンダーも、組み立て前に塗装してあります。

肩のジョイント部と手首のジョイント部のパーツがアドヴァンスドMSジョイントになっています。

これと、腰の天面プレートのみですので、このキットのアドヴァンスドMSジョイントはかなり少ないです。

頭部

サクッと完成です。

内部フレームと言うよりは、コクピットブロック?ですか。

 

ここまでで内部フレームが全て揃いましたので、合体させます。

内部フレーム完成

MG並みの内部フレームです。

この段階での可動範囲は申し分ないです。

最後に

内部フレーム総評

個人的な感想を書かせていただきます。

今まで幾つかRGのキットは組みましたが、こんなのは初めてです。

RGに限らず、1/144キットでこのボリュームの物は無かったんじゃないかと(有ったらごめんなさい)。

MG並みの内部フレームだと思います。

関節部はポリキャップを使用しておりませんが、関節の保持もしっかりできております。

可動範囲も申し分有りません。

と、まだ完成ではないのに・・・

でも、完成時の状態は十分期待出来ますから。

次回予告

おわかりだと思いますが、外装パーツの取り付けをしていきます。

ではでは

つづく

関連商品