ガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】レビューその⑩ 可動域の検証と最終レビュー

ガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】レビューその⑩ 可動域の検証と最終レビュー

ガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】のレビューも10回目となりました。

一応、今回で最終回となります。

可動範囲の検証と、ポーズを付けたものをいくつかご紹介したいと思います。

「発動」モードから戻すのが怖い(パーツ・デカールの破損)ので、そのままでいきます(*´ω`*)

可動範囲検証

まずは可動範囲から。

360度、なんの干渉もなく回転出来ます。

横方向、少しだけ倒れます。

まぁ、どのキットも良くてこれくらいでしょう。

首の軸から動きますので、前後の可動はかなり良いです。

肘は、180度ちかく曲がります。

肩は引き出し構造になっており、前方へ大きくスイングします。

上下方向は360度回転が可能で、肘も良く曲がりますので、サーベルを引き抜く構えも難なくこなせます。

横方向も水平以上まで上がります。

マニピュレータは、5本指全て、それぞれの関節が可動します。

また、掌の中央に格納可能な爪が内蔵されています。

これと同じ構造の物が各武器に設けられており、武器をしっかりとホールド出来る様になっています。

ひざ関節も良く曲がります。

足裏が接地している状態での開脚です。

2枚目はかかとが浮いてますが、つま先部分と独立していますので、つま先部分接地で。

前後・左右とも、広間です。

限界までの開脚です。横方向が思ったより広がらないです。

が、ここ開く時点で、何の問題もありません。

捻り(回転)。

腹部装甲が干渉する為、ここまでしか回りません。

横可倒。

ほんの少しです。

前後可倒。

少しだけ動きます。

腰の可動は、少なめですが、カッコよくポーズを決めるために必要な範囲で考えると十分だと言えます。

可動総評

各部良く動きます。

腰の可動がイマイチな気もしますが、カッコよくポーズを決めるのに十分な可動域を持っています。

ギャラリー

ビームライフル装備

MGνガンダムVer.Kaギャラリー1MGνガンダムVer.Kaギャラリー2MGνガンダムVer.Kaギャラリー3

ビームサーベル装備

MGνガンダムVer.Kaギャラリー4MGνガンダムVer.Kaギャラリー5

ニューハイパーバズーカ装備

MGνガンダムVer.Kaギャラリー6

劇中では、バズーカを手で構える事は無かったと思いますが、せっかくなので。

ちなみに、ニューハイパーバズーカはバックパックに懸架出来る様になっていますが、付属のスタンドに立てると出来なくなります。

フィンファンネル射出

MGνガンダムVer.Kaギャラリー7

付属のスタンドとアームを使用する事で、フィンファンネルの射出シーンを再現することが出来ます。

比較

MGνガンダムVer.KaとMGジェガン

先日レビューしました、MGジェガンと並べてみました。

一回りサイズが違いますね。

さすがはVer.Kaとでも言いましょうか。

同じシリーズのキットとは思えないくらいスマートでカッコ良いです。

MGνガンダムVer.Kaと旧MGνガンダム

旧MGνガンダムと並べてみました。

単体では感じませんでしたが、並べてみると旧キットはすごいズングリムックリに見えます・・・

それだけνガンダムVer.Kaがスマートなんでしょうね。

ただ、関節等は、旧キットの方がしっかりしています。

金属パーツも使われており、ずっしり重たいです。

その為、フィンファンネルを背負ってもビクともしません。

最後に

感想

良い点

スマートでカッコ良い。

オリジナル設定にはなりますが、サイコフレーム展開状態の「発動」状態も文句なくカッコ良い。

色分けも良く出来ており(一部シール貼り付け)、素組状態でも完成度が高いです。

可動範囲も良好です。

水転写デカールの量が半端なく多いですが、全て貼り終わると更にカッコよくなります。

気になる点

全体的に関節はしっかりしていると思うのですが、手首が緩すぎます。

ビームライフルを持たせただけで垂れます。

フィンファンネルの連結が貧弱で、背負ったままの状態で動かしていると落ちます。

さらに、フィンファンネル射出状態を再現する際、「コ」の字型にするわけですが、折り畳み部分が緩いです。

個体差も有るかもですが、6基中3基が緩いです。今後、他のも緩くなるかもです。

劇中設定通り、バックパックにニューハイパーバズーカを懸架出来るのですが、こちらも貧弱です。

結構な頻度で落ちます。

デカールもカッコよさを引き立てているわけですが、それが気になってガシガシ動かすのが怖いです(;´▽`A“

総評

個人的には、【MG νガンダムVer.Ka】は、ガシガシ動かしまくるキットではないと感じています。

良く言えば繊細、悪く言えば貧弱?

でも、素立ちの状態でとんでもなくカッコいいので、立たせておきたいと思います。

それだけで満足できるキットです。

それに対して比較で並べた【MG ジェガン】と旧【MG νガンダム】は関節もしっかりしていて、動かしまくるのに適しています。

もちろん良く動きます。

特に【MG ジェガン】は最新のMGですので、スタイル・可動範囲も文句なしです。

関節もしっかりしています。

おまけに、MGにしては初心者でも組みやすい構成になっています。

ただ、完成度では【MG νガンダムVer.Ka】の圧倒的勝利だと思います。

あっ、このキットをガシガシ動かしたければ、必要以上にデカールを貼らなければいい・・・って選択肢もありますね。

一応、これで完結です。

が、ちょこっといじってやろうと計画中です。

何か進展があれば、【MG νガンダムVer.Ka】レビューその⑪として投稿したいと思います。

ではでは。

以上、ガンプラ【MG νガンダムVer.Ka】のレビューでした。

次回予告

ガンプラじゃないんですが・・・

HG マジンガーZのパッケージ

【HG マジンガーZ INFINITY Ver.】

これいきます!

つづく

関連商品