ガンプラ【ガンダムベース東京限定 HGUC Zガンダム3号機 初期検証型】レビューその①

ガンプラ【ガンダムベース東京限定 HGUC Zガンダム3号機 初期検証型】レビューその①

ガンプラ【HGUC Zガンダム3号機 初期検証型】のレビューをさせていただきます。

まずはランナー等、中身の紹介からですがその前にちょっと。

この機体【3号機】となっていますが、3番目の機体ではないそうです。

バージョン3なのだそうです。

大気圏内用の主力MSとしてカラバからの発注を受けた機体の検証機。

注文に対応するべく、様々な追加装備も用意されているとか(このキットに追加装備はありませんが・・・)。

高高度迎撃用ブースターも用意されており、そのブースターを装備した状態の機体を【3号機】と呼ぶのが本来の姿なのだとか。

ですので、ブースターを装備していない機体は【3号機】ではないという事になります。

ではこのキット・・・普通の【Zガンダム】の色違いって事になりますね。

実際、キットは【HGUC Zガンダム】まんまですし。

塗装技術のある方にとっては不要の・・・おっと・・(^^ゞ

 

では、そんなガンプラ【HGUC Zガンダム3号機 初期検証型】のレビューを始めます。

ちなみに、このキットはガンダムベース東京in大阪で購入してきたものです。

まずはパッケージから。

イラストがカッコいいですね。ガンダムベースのロゴが入ってます。

キットの紹介です。

反対側にはガンダムベースの紹介が書かれています。

次に説明書。

【HGUC Zガンダム】の説明書、まんまです。

変型手順はカラーで紹介されています。

カラーコードとシール貼り付け位置の説明として、別紙が一枚付いています。

 

続いてランナー。

ガンダムベースのオリジナル台座が付属します。

他にシールが2枚あります。

 

白・グレー・パープルの三色の成型色とシールで本体のスプリッター迷彩を再現できるようになっています。

 

今回はここまでです。

次回から、製作過程など紹介したいと思います。

ではでは

つづく