ガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】レビューその③ 頭部及び腕部内部フレーム制作

ガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】レビューその③ 頭部及び腕部内部フレーム制作

今回は、ガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】レビュー第三回目、頭部及び腕部内部フレームの制作過程を紹介します。

頭部に関しては、内部フレームが有りませんので、そのまま組み上げます。

では早速。

頭部バーツです。

カメラアイ部分のクリアパーツには、通常ではシールを貼り付けるようになっていますが、今回はLEDユニットを仕込みますので貼りません。

そのままだとカメラアイの周りも全体的に発光してしまうので、光らなくて良い部分はつや消し黒で塗装しています。

他、こめかみバルカン部も白パーツなので、組み立て前に塗装してあります。

頭部はサクッと完成です。

塗装個所、わかりにくくてすみませんm(__)m

頬のダクトと口の3連への字は開口されています。

合わせ目が目立ちにくいパーツ構成になっています。

では続いて、腕部内部フレームの制作です。

腕部もパーツは多めです。

サイコフレーム(クリアグリーンのパーツ)裏にシルバーシールを貼ります。

細い・小さいので、ずれないように貼るのは一苦労です。

腕部内部フレームの完成です。

肘関節は180度曲がります。

五指全て独立可動です。

もちろん、指の関節も曲がります。

肘可動に連動して、シリンダーが露出する構造になっています。

ちょろっと塗っておきました。

まだまだ中途半端ですが、首が良く動くことはわかりました(*´▽`*)

と、今回のガンプラ【MG νガンダム Ver.Ka】制作過程のご紹介はここまでです。

次回腰部、出来れば脚部まで制作工程を紹介します。

内部フレームまでですけどね(;´▽`A“

ではでは。

つづく