HGUC ガルバルディβ 素組完成

HGUC ガルバルディβ 素組完成

1/144ガンプラ【HGUC ガルバルディβ】の完成です!

・・・・

の前に、武器忘れてました(;’∀’)

まずは武器制作から。

説明書はカラーになってます。

少ないのでサクッと完成。

ではでは、前回予告の可動範囲等のレビューを。

素立ちから。カッコいいです。個人的にはナナメ前45度の角度が好き(^^♪

次に、腕の可動範囲。

上下は360度回転可能。水平方向もほぼ水平の位置まで上がります。肘は180度近くまで曲がります。肩は引き出し式になっていて、前方及び上方へスイングが可能。

肩のスイング機構。(わかりにくくてすみません・・)

こっちは分かりますよね。とんでもない可動です。

次に足。

水平方向、足裏が接地するのはこれくらいです。

接地を無視すると、ここまでいけます。

前後方向の接地範囲はこの程度です。広いとは言えない・・足首のデカ目のキットの宿命でしょうか?

限界はこれくらい。関節は柔らかいです(笑)

腰可動。
360度、問題なく回転可能。

左右可倒は気持ち程度で、前後可倒はほとんど出来ない感じです(内部のボールジョイントが抜けます)。ついでに首。360度回転行けます。

首上下はこの辺りまでいけます。これ以上は、ジョイントが抜けます。けど、十分ですね。

ギミック。

肩のサーベルラックが開閉可能。

シールドは、差し替えで縮みます。

 

ここまでの感想を。

前後の足接地範囲がやや狭い気がしますが、不満のあるレベルではないです。他の可動範囲は文句なく。良キットだと思います。

モノアイ部分だけはいただけませんが・・・最後の画像でもわかると思いますが、このままだと食玩のおまけレベルに見えます・・・

部分塗装推奨ではなく、必須レベルです。

まぁ、ここだけの単独パーツになってますし、マーカーで簡単に塗装出来ますので、初心者の方でも『必ず』塗装してください!

 

以上、素組完成レビューでした。

 

次回は、スミ入れ、部分塗装(どこまでやるか検討中)にシールを貼ってきます(^^♪

あ、あと武器も持たせての最終?レビューです。

では。

つづく